自分になると言う事〜習慣と禁欲の力〜

禁欲と習慣を融合させる事で、成功にひた走る男のブログです

観葉植物良いっすね

最近、観葉植物を育てるようになりました

 

↓はラベンダーミントについて

blogs.yahoo.co.jp

 

これがめちゃくちゃ良い、心が洗われます

 

観葉植物は「感情システムの"満足感"」に作用する事が知られていて、

副交感神経が優位になります。

 

rocbeingme.hatenablog.com

rocbeingme.hatenablog.com

 

 

オナ禁中は「交感神経」が優位になりやすいので、

観葉植物をチラ見するだけでもかなり効果があると言えるでしょう。

 

また「キーストンハビット」としても、観葉植物は機能します

 

 

観葉植物は「水をあげる」必要があるので、

水をあげる事が習慣化し「キーストンハビット化」するわけですね。

 

なので、他の良い習慣を身につけるとしても観葉植物は有用です

 

 

オナ禁人口

朝の電車に乗ると、不健康そうなおじさんがいっぱい居る

 

明らかに酒の飲み過ぎで顔は白く、腹は球のような形をしている

 

今にもベルトが壊れそうで、ベルトの穴から悲鳴が聞こえて来そうだ。

 

 

 

そんな時にふと思う「このおじさんはオナ禁しているのかと」

 

私は20代なので、40,50代の大人がどんな性処理をしているのかを知らない。

 

なのであくまでも想像でしかないのだが、「確実にオナ禁してない」と思う

 

 

まず目が違う。目が緩みきっていて、虎の目をしてない

 

 

rocbeingme.hatenablog.com

 

あの不健康なおじさんがオナ禁をしたら、どうなるのだろうか?

 

不健康な習慣×オナ禁

 

どうなるか興味がある

眠い

オナ禁してると眠気が消えて

 

短時間睡眠で良いらしいけど、実感ないなぁ

 

 

なんかカフェイン飲んでる時と似てる

 

起きてる時は良いけど、覚醒が終わると一気に眠気が襲ってくる感じ

 

オナ禁=カフェイン説

オナ禁に囚われ過ぎるのは「人間の感情に良くない」②

 

①はこちら↓

rocbeingme.hatenablog.com

 

前回のまとめ

人間の感情システムは

興奮、満足、驚異の3つで構成されており。

どれか一つだけが優位になったり、欠けたりしてもダメ

 

 

感情システム

前回記事では「感情システム」について書き、

3つの要素がバランスよい事が重要だと結論付けた。

 

では現代において興奮、満足、驚異のバランスは取れているだろうか

少し考えて見たい

 

 

 

 

興奮、満足、驚異の3つは以下のように換言できる

興奮=アメ

驚異=ムチ

満足=安心感、達成感

 

この3つのうち、興奮と驚異(アメとムチ)は至る所で散見される

会社や学校、家庭でも

結果が出なければ叱られ

結果が出ればご褒美が与えられる

現代の社会では「興奮と驚異」が優位になっている状態だ

 

一方で、満足の感覚は少ない

安心感

「植物」は人間に安心感を与えると言われ、実際にその効果についても証明されているが、私たちの身の回りからは減少し続けている。

家庭においても、ゲームや漫画テレビやネットなど、人間にとっての刺激が多い。

特に近年では、VRの発達や、洗練されたコンテンツの増加により、刺激の強さは増していると言える。

休息し安心感を得るはずの家庭内で「知らず知らずのうちに興奮を得る」。

 

つまり現代の環境は「興奮と驚異が多く、満足が少ない」のである。

 

あなたのオナ禁はどの感情システムに作用するか

私が多くのオナ禁ジャーを見るに、

興奮と驚異に支配された人が多いように感じられる。

 

オナ禁何日すれ成功する=アメ

オナ禁できなければ地を這い続ける=ムチ

 

その思考には「満足」の概念が少なく、思考システムの観点からすると、バランスに欠けている。

あなたがその思考を続ける限り、生体の持っている本来のバランスを崩し、体に害を与えることになってしまう。

 

 

だからこそ、「満足」の感情システムをオナ禁に取り入れるべきだ

 

オナ禁を失敗成功の二元論で語るのではなく、

オナ禁をする過程での「気づき」についてブログやtwitterで発信する

 

このような行動をするだけでも

周りとの交流はあなたに安心感を与え、「人生進んでる感=満足感」も与えるだろう

 

他にもオナ禁に「満足」の感情システムを取り入れる方法はある、

 

だからあなたにとって最適な「満足」をオナ禁に取り入れる事が大切になる

オナ禁に囚われ過ぎるのは「人間の感情に良くない」①

オナ禁がアツい話題になっている

 

たまたまYoutubeを見ていたら下みたいな動画もあったし、広く認知されていく過程にあるのだろう

www.youtube.com

 

しかしここには「ある種の危険」が潜んでいる。

中学生や高校生などの若年層、または生殖適齢期の男性達による

「過剰なオナ禁信仰」を生む可能性が高いからだ。

 

100日行かないと「オナ禁には意味がない」

オナ禁出来なきゃ生きる資格は無い

 

オナ禁界隈が、日数を競うゲームとなるにつれて。

オナ禁に関する危険な思想」は大きな声になっていく。

 

初めは「幸せを与えるためにあった宗教」が、

教義を強く持ちすぎた為に「地下鉄サリン事件」のような悲劇を起こす。

 

そのような事態をオナ禁界隈で起こさない為にも、

オナ禁のあるべき姿」を問うべきである

 

人間の感情システムとオナ禁

人間の感情システムは主に3つの要素により構成される

興奮、満足、驚異の3つだ

 

この3つがバランス良く作用することによって、

人間は安全に、そして「子孫を残すように」プログラミングされている

 

この3つの要素はどれも欠けてはいけないし過剰になってもいけない、

興奮だけが支配する世界はドーパミンの異常を引き起こし依存状態になるし、

満足感が支配すれば人間としての成長は少なくなる、

恐怖に支配された世界は長続きしないのは歴史が証明している。

どれもが大切な要素であり、互いに相互作用している訳だ

 

②に続く

「クレアチン」チャレンジ

クレアチンを飲み始めていっか一ヶ月くらいになるだろうか

 

筋肉量が1kg近く増加した

 

現在使っているサプリは

クレアチン

アシュワガンダ

テストジャック

亜鉛

ビタミンD

正直に言って、どれが筋肉量増加に効いているのかが分からない笑

 

でもテストステロンの値が上昇しているのは感じる

 

どこか医療機関で、テストステロン値を測れる場所はあるのかな